メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

QTof キャリブレーション用ギ酸ナトリウムの調製方法 - WKB2458

Article number: 2458To English version

目的または目標

QTof キャリブレーション用ギ酸ナトリウムの調製方法

環境

  • SYNAPT G2 MS/HDMS
  • SYNAPT G2-S MS/HDMS
  • SYNAPT G2-Si MS/HDMS
  • SYNAPT G2-S
  • SYNAPT G2-Si
  • Vion IMS QTof
  • Xevo G2 QTof
  • Xevo G2 Tof
  • Xevo G2-S QTof
  • Xevo G2-S Tof
  • Xevo G2-XS QTof
  • Xevo G2-XS Tof
  • MassLynx 4.1
  • UNIFI

手順

90:10 の 2-プロパノール/水の中の 5 mM のギ酸ナトリウム溶液
1. 1000 μL のピペットを使用して、1000 μL の 0.1 M 水酸化ナトリウム溶液を 20 mL のメスフラスコに移します。
2. 1000 μL のピペットを使用して、900 μL の脱イオン水または LCMS グレードの水を 20 mL のメスフラスコに移します。
3. 200 μLのピペットを使用して、100 μL のギ酸を 20 mL のメスフラスコに加えます。
4. 90:10 の 2-プロパノール/水で 20 mL にメスアップし、5 分間超音波洗浄します。
5.「 90:10 の 2-プロパノール/水中の 5 mM ギ酸ナトリウム溶液」とラベル付けし、冷蔵庫に保存します(保管有効期間 1 週間)。
6.20 mL のメスフラスコから 送液システム用の30 mL の流路容器に移し、「90:10 の 2-プロパノール/水中の 0.5 mM のギ酸ナトリウム溶液」とラベル付けして、冷蔵庫に保存します(保管有効期間 1 週間)。

90:10 の 2-プロパノール/水の中の 0.5 mM のギ酸ナトリウム溶液
1. 1000 μL のピペットを使用して、2000 μL の 5 mM ギ酸ナトリウム溶液を 20 mL のメスフラスコに加えます。
2. 90:10 の 2-プロパノール/水で 20 mL にメスアップし、5 分間超音波洗浄します。
3. 「90:10 の 2-プロパノール/水中の 0.5 mM ギ酸ナトリウム溶液」とラベル付けし、冷蔵庫に保存します(保管有効期間 1 週間)。
4. 20 mL のメスフラスコから 送液システム用の30 mL の流路容器に移し、「90:10 の 2-プロパノール/水中の 0.5 mM のギ酸ナトリウム溶液」とラベル付けして、冷蔵庫に保存します(保管有効期間 1 週間)。

追加情報

水酸化ナトリウム 0.1 M 溶液は、いくつかの Waters キットに含まれています。利用可能なキットを表示するには、このリンクをクリックします。緑色のボックスに青色の i のマークがあるものは、化学薬品キットです。

あるいは、水酸化ナトリウム 0.1 M 溶液は、0.4 g の水酸化ナトリウムを 100 mL の水に溶解することによって、作成できます。