メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

オリゴヌクレオチドの逆相分離に使用されるバッファーの寿命はどれくらいですか? - WKB50725

Article number: 50725To English version

環境

  • オリゴヌクレオチド
  • 逆相分離
  • イオン対バッファー
  • HFIP/TEA
  • TEAA
  • OST
  • C18

回答

オリゴヌクレオチドを保持するために調製した後、イオン対バッファーの寿命は 5 日以下です。

追加情報

オリゴヌクレオチドの保持および選択性は、バッファーで使用されるアミンの濃度および疎水性の影響を受けます。バッファーの揮発性により、溶液中のアミンイオンの濃度が変化します。さらに、微量の金属付加イオンが移動相容器から浸出します。付加イオンはオリゴヌクレオチドの主鎖と相互作用し、保持にも影響を与えます。

追加情報については、The Impact of Adducts and Strategies to Control Them in IP-RPLC Based Oligonucleotide Analyses(IP-RPLC ベースのオリゴヌクレオチド分析における付加イオンの影響とそれを制御する戦略)を参照してください。

id50725, ion pair, UPBINARY, UPSMPMGR, イオンペア

  • この記事は役に立ちましたか?