メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

GlycoWorks RapiFluor-MS 標識 N 型遊離糖鎖のデータおよび関連情報を検索するために、glycostore.org をナビゲートする方法 - WKB102261

Article number: 102261To English version

目的または目標

glycostore.org をナビゲートし、GlycoWorks RapiFluor-MS 標識 N 型遊離糖鎖に関する情報を見つける。

環境

  • GlycoWorks RapiFluor-MS(RFMS)
  • N 型遊離糖鎖
  • GlycoStore

手順

1. https://glycostore.org に移動します。

2. [Search](検索)をクリックします。

3. [Retention Times/Units](保持時間/単位)を選択します。

4. [Waters Data](Waters データ)タブをクリックします。

5. [Label Type](標識の種類)のドロップダウンボックスの矢印をクリックします。

6. [RFMS]を選択します。

7. [Minimum Value](最小値)に「4」を指定します。

8. [Maximum Value](最大値)に「16」を指定します。

9. [Go](移動)タブをクリックします。

10. これにより、「Results Found in Waters UPLC RFMS Collection」(Waters UPLC RFMS コレクションで見つかった結果)というタイトルのページが表示されます。

11. このページでは、各糖鎖の「モノ質量 (FRMS)」値と「Gu」値が提供されます。

12. [Gu↓↑]をクリックして、Gu のリストを昇順または降順に並べ替えます。

13. 糖鎖の名前(リンク)をクリックすると、その糖鎖の詳細情報が表示されます。例えば、F(6)A2 をクリックします。

14. スクロールして、選択した糖鎖の関連情報を確認します。

追加情報

GlycoStore:糖鎖保持特性の統合プラットフォーム:https://glycostore.org/

Waters 製品に興味のあるお客様のために、GlycoStore には以下の 3 つのライブラリーが含まれるようになりました。

    1. Waters 2AB ライブラリー(2-アミノベンズアミド蛍光色素を用いて測定した N 型糖鎖)

    2. Waters 2AA ライブラリー(2-アミノ安息香酸蛍光色素を用いて測定した N 型糖鎖)

    3. Waters RFMS ライブラリー(RapiFluor-MSTM を用いて測定した N 型糖鎖)

GlycoWorks RapiFluor-MS N-Glycan キットの Web サイト

GlycoWorks RapiFluor-MS N-Glycan Kit – 96 Sample - Care and Use Manual(『GlycoWorks RapiFluor-MS N-Glycan キット – 96 サンプル - 維持管理マニュアル』)

GlycoWorks RapiFluor-MS N-Glycan Kit - 24 Sample Care and Use Manual(『GlycoWorks RapiFluor-MS N-Glycan キット - 24 サンプル維持管理マニュアル』)

GlycoWorks RapiFluor-MS N-Glycan Kit – Automation Care and Use Manual(『GlycoWorks RapiFluor-MS N-Glycan キット – 自動維持管理マニュアル』)

id102261, amide, library, グリカン, リテンションタイム

  • この記事は役に立ちましたか?