メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

パーツ番号 186006363(逆相 QC 標準物質)を使用して、逆相 C18 カラムでアセナフテンの容量係数を計算する方法 - WKB48015

Article number: 48015To English version

環境

  • Symmetry C18 カラム
  • QC 標準物質
  • 容量係数
  • k'
  • k プライム
  • 計算
  • 決定
  • 対象ピーク

回答

                    

容量係数 (k') = (アセナフテンの保持時間 (k)) - (ウラシル (V0) の保持時間 (k))/(ウラシル (V0) の保持時間 (k))

                                                                   

追加情報

注:ウラシルはほとんどの逆相 C18 カラムのボイドマーカーです。ただし、ACQUITY UPLC HSS T3、XSelect HSS T3、CORTECS T3、Atlantis dC18 などの極性化合物を保持するように特別に設計された C18 カラムは、ウラシルを保持します。このため、ウラシルはこれらの充塡剤でのボイドマーカーとして使用することはできません。

アセトンは、これらの種類の C18 カラムのマーカーとして使用できます。