メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

NetEvaluator ユーティリティとは何ですか? - WKB1018

Article number: 1018To English version

環境

  • Empower
  • MassLynx
  • Ethernet 接続

回答

NetEvaluator は、個々の IP 通信問題のトラブルシューティングに使用できる便利なユーティリティです。

  • Empower システムの場合:C: ドライブ > Empower > Instruments > Utilities > NetEvaluator の順にクリックします。
  • MassLynx システムの場合:C: ドライブ > Program Files (x86) > Waters Instruments > Utilities > NetEvaluator の順にクリックします。

使用方法:

  1. [Start]をクリックし、連続的な ping テストを開始します。
    • 表示されるモジュールは、装置 LAN 上でそれらが認識されていることを示します。
    • 自動的に表示されないモジュールや、その他の非装置 IP アドレスは、手動で追加することによって監視できます。
      • [Add Instrument]をクリックして、デバイスの IP アドレスを手動で入力します。
      • [Add]をクリックします。IP アドレスが監視リストに表示されます。
  2. このテストでは、ステータス、ping 数、損失数、連続損失数が表示されます。
  3. 各 IP のステータスは、pass(合格)、fail(不合格)、または marginal(ぎりぎりの合格)のいずれかとして表示されます。
    • 1 つのモジュールの故障は、Ethernet ケーブル、スイッチポート、CPU2000 PCB などの不具合を示している可能性があります。
    • すべてのモジュールに故障がある場合は、PC からの Ethernet ケーブル、スイッチポート(PC 接続用)、LAN カード、スイッチなどの不具合を示している可能性があります。

追加情報