メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower から吸光度単位をエクスポートして Microsoft Excel でプロットする方法 - WKB10203

Article number: 10203To English version

目的または目標

検出器の生データ、AU を Microsoft Excel にエクスポートする。

環境

  • Empower 3
  • 検出器吸光度(例えば AU)

手順

最初にエクスポートメソッドを作成する必要があります。

  1. [プロジェクト]画面で、[ファイル] > [新規作成] > [メソッドをエクスポート]をクリックします。
  2. [生データ]タブに移動します。
  3. ファイル名 を入力します。
  4. ASCII ファイルを選択します。
  5. エクスポートする先のファイルのパスを選択します。
  6. [X 軸データ - 時間列をエクスポート]を選択します。
  7. [サンプル情報]ボックスの[フィールドをエクスポート]を選択します。
  8. クロマトグラムで[Det. 単位]をダブルクリックして、これを選択します。
  9. [ファイル] > [上書き保存]をクリックして、エクスポートメソッドに名前を付けます。

これでメソッドが作成され、目的のチャンネルに移動して右クリックし、[エクスポート]を選択します。 [指定したエクスポートメソッドを使用する]を選択し、新しく作成した方法を選択します。これが完了したら、Excel スプレッドシートを開くことができます。 [ファイル] > [開く]をクリックします。 [ファイル名]ボックスの右側にあるドロップダウンメニューで、[すべてのファイル (*.*)]を選択します。これで、エクスポートメソッドの保存先に移動し、Excel のデータを開くことができます。

追加情報