メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower 3 Agilent LC 装置メソッドでサンプルクーラーの温度を設定しても、装置メソッドを上書き保存すると一定温度モードに戻ってしまう場合の対処方法 - WKB106754

Article number: 106754To English version

症状

  • 装置メソッドでサンプルクーラーの温度を設定しても、装置メソッドを上書き保存すると一定温度モードに戻ってしまう

環境

  • Empower 3
  • Agilent ICF 3.0 以上
  • Agilent 1260 Infinity、Agilent 1290 Infinity II

原因

事前設定と装置メソッドの内容の不一致

解決策

  1. LC 事前設定の実施
    手順については、添付資料(日本語)確認します。
    添付資料と異なる部分について、以下に記載します。

    ■操作方法
    ・P1 ①② の内容を実施
    ・③ については、P3 の一番上の画面(設定ディレクトリ)で「削除」ではなく「設定」をクリックします。
    ・P4 まんなかの画面(設定エディター)が表示されるので、右側のリストからサンプラーを選択し、設定をクリックします。
    ・P5 下の画面(サンプラの設定)が表示されるので、「サーモスタット」および「サーモスタットをメソッドでコントロールする」が選択されていることを確認し
       OK をクリックします。
    ・設定エディター画面で「OK」をクリックし、画面を閉じます。

    上記事前設定を実施後、コントロールパネル上で「可変温度モード」を選択し、装置メソッドを編集後、上書き保存して確認します。
    上記設定後もやはり装置メソッドが「一定温度モード」に戻ってしまう場合は、装置メソッドを新規作成します。

追加情報

Empower の Agilent LC サンプラー用に「サーモスタットをメソッドでコントロールする」が設定されている場合の装置フェイル - WKB3110

id106754, EMP2LIC, EMP2OPT, EMP2SW, EMP3GC, EMP3LIC, EMP3OPT, EMP3SW, EMPGC, EMPGPC, EMPLIC, EMPOWER2, EMPOWER3, EMPSW, SUP, アジレント