メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Agilent マルチドローキットで「注入量が無効」および「装置フェイル」エラー - WKB11169

Article number: 11169To English version

症状

  • マルチドローキット(大きめのシートキャピラリー)付き Agilent G1329B オートサンプラーは、装置メソッドの[装置設定]タブでインストールおよび設定され、装置メソッドでのより高い注入量の仕様が可能になります
  • メソッドを編集しようとすると、装置メソッドを現在の装置設定に更新するように、Empower によってプロンプトで指示されます
  • [はい]をクリックすると、装置メソッドは、標準シートキャピラリー 2.3 μL の元の装置設定に戻ります
  • [いいえ]をクリックすると、装置メソッドは更新された設定を保持しますが、メソッドをセットアップしようとすると、装置フェイルエラーが発生します
  • サンプルセットメソッドでより高い注入量を入力して分析を開始しようとすると、装置フェイルエラーと「無効な注入量」エラーが Empower メッセージセンターで発生します

環境

  • Empower 3 SR2HF2
  • Agilent ICF サポート v2.1 HF1
  • Agilent G1329B オートサンプラー(マルチドローキット付き)

原因

PCS 50082:Agilent オートサンプラー (ALS) のシート容量が正しくない

  • Empower 装置メソッドエディターを使用して Agilent オートサンプラー (ALS) のシート容量を指定すると、シート容量が適切に設定されません。この結果、「無効な注入」エラーが発生します。

解決策または回避策

Agilent ハンドヘルドコントロールモジュールまたはインスタントパイロットを使用して、Agilent マルチドローアップグレードキットのインストール注意事項 [リンク] に記載されているように、シート容量を変更します:

コントローラーの設定
マルチドローモードを有効にするには、コントローラーの設定が必要です。設定された注入量としてより大きな注入を設定する場合、マルチドローモードは
アクティブです。注入シリンジ容量の複数倍が、注入バルブを切り替える前に、拡張シートキャピラリー内に保管されます。

コントロールモジュールの設定
1. [システム] > [設定]を押して、プルダウンメニューから[オートサンプラー]を選択します。
2.[シートキャピラリー]プルダウンメニューから、取り付けられている拡張シートキャピラリーの容量を選択し、[完了]を押します。

インスタントパイロット
1. スタートアップ画面で、[追加] > [1. 設定]を選択します。
2. [オートサンプラー]を選択し、取り付けられているシートキャピラリーの容量と複数回吸引の待機時間を指定します。

追加情報

Empower Agilent ICF サンプラーのヘルプから:

最大注入量
最大注入量は、シリンジおよびシートキャピラリーの容量によって異なります:

  • シートキャピラリー容量 < シリンジ容量の場合、最大注入量 = シリンジ容量
  • シートキャピラリー容量 ≥ シリンジ容量の場合、最大注入量 = シリンジ容量 + シートキャピラリー容量