メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ICF 2.2 がインストールされた Agilent LC を使用したときに、クロマトグラムの短縮、または検出器スパイク (10^38)、または「サーバービジー」エラーが起こる - WKB11225

Article number: 11225To English version

症状

ICF 2.2 がインストールされた Empower で Agilent LC を実行すると、以下の症状が発生することがある。

  • クロマトグラムの短縮
  • チャンネルデータのスパイクが最大で 10 ^ 38
  • 「サーバービジー」エラーメッセージ
  • タスクマネージャーで AgilentPlugInServer * 32 プロセスの CPU 使用率が高い

環境

  • Empower 3
  • A.02.03 DU2 が搭載された Agilent ICF サポート v2.2、または A.02.04 が搭載された Agilent ICF サポート v2.2

原因

注入が行われ、チャンネルが収集されない場合、次の注入にこの問題が発生することがあります。これは通常、分析の最後にカラム洗浄またはシャットダウンメソッドを実行するときに発生します。

解決策

回避策としてこれらのステップの 1 つ以上を実行するか、または ICF 3.0 へ更新します。

  1. 使用するすべての装置メソッドに、収集するチャンネルがあることを確認します。
  2. この問題を回避するには、装置メソッドの全般メソッドで[実行後のシャットダウン]オプションまたは[選択的シャットダウン]オプションを使用します。

追加情報

http://www.waters.com/waters/support...1442&type=DFCT の参照資料 PCS#54419。

  • 停止メソッドにはチャンネルがある必要があります
  • 「データチャンネル」は検出器チャンネルである必要があります - 補助チャンネルだけでは機能しません
  • 「UV ランプ」のボックスにチェックを入れます(下のスクリーンショットを参照)

 

PCS 54419.PNG

PCS 54419

 

この問題は、Agilent ICF v3.0 以降で解決されています。