メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Ethernet および IEEE 装置で通信や装置のフェイルが発生した場合、分析システムを削除および再作成する方法 - WKB2121

Article number: 2121To English version

目的または目標

Ethernet や IEEE の装置で通信や装置のフェイルが発生した場合に、分析システムを削除して再作成する

環境

  • Empower 2
  • Empower 3
  • Waters の Ethernet および IEEE 装置

手順

  1. 最初に、各装置の接続方法が IEEE なのか Ethernet なのかを確認します。そのためには、
    1. 装置の背面を見て接続を確認するか、
    2. Empower の[システムの管理(システムを構成)] > [システム管理]でシステムの設定に移動して、[ノード]をクリックします。[ノード名]を反転表示して[プロパティ]を右クリックします。[装置]タブにすべての機器が表示されます。[DHCP の設定]タブをクリックして[DHCP の設定]アイコンをクリックします。[DHCP の設定]ウィンドウに表示されるのは Ethernet のみです。
  2. [システム管理] > [システム]に移動します。[分析システム]を選択して右クリックし、[テキストにエクスポート]を選択します。これにより、システムを削除する前にシステムのドキュメントが得られます。
  3. LAC/E またはコンピューターで各分析システムの[テキストへエクスポート]を保存したら、システムを右クリックし削除します。
  4. [ノード]に移動して、ノードを選択して右クリックし、プロパティを選択します。
  5. [DHCP の設定]タブに移動し、[DHCP の設定]画面をクリックして取得して保存します。システムを反転表示して削除します。
  6. 同じ[ノードプロパティ]の[装置]タブに移動し、リスト内のすべての装置を反転表示にして[装置の削除]をクリックして削除します。
  7. Empower からログアウトして、開いている画面をすべて閉じてから、LAC/E またはコンピューターを再起動します
  8. Windows にログインした後、C:\Empower\instrumentServer\instsrv.dat に移動し、ファイルを削除しますinstsrv.dat ファイルを削除すると、ノード上のすべてのシステム設定が削除されることに注意してください)。
  9. LAC/E またはコンピューター、また装置をシャットダウンし、正しい順序で起動させます(つまり、IEEE 装置をまず起動し、次に LAC/E またはコンピューター、それから Ethernet 装置を起動します)。
  10. Empower にログインして[Empower Nodes Properties(ノードのプロパティ)]に移動します。コンポーネントが DHCP の設定ウィンドウに戻るまで待ってから、[OK]の下の[装置]タブを確認します。すべて「はい」になっているはずです。
  11. [システムの管理]に移動しシステムを再作成します。[ファイル] > [新規作成] > [分析システム]をクリックし、削除前と同じ名前と構成のシステムを作成します。

 

追加情報