メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower の[プロットをレビュー]画面での、データ欠落メッセージ - WKB2347

Article number: 2347To English version

症状

  • サンプルを分析した後、[サンプルの分析]画面の右下隅に[バッファリング]アイコンが表示されます。
  • クロマトグラムではなく[プロットをレビュー]画面にデータ欠落メッセージがあります。
  • Empower/Instrumentserver/recover.log ファイルに、次記のメッセージがあります:
    •     アクセスが拒否されたため、ノード Empower の Waters サービスに接続できません
    •     回復スイープを開始する
    •     リモートファイルを作成できません
    •     データファイルの回復に失敗しました
    •     生データ共有サーバーの Windows アプリケーションイベントログに、特定の *.dat ファイルへのパスを指す WatersService に「作成できません」というメッセージが表示される

環境

  • Empower 3 エンタープライズ
  • LAC/E (LAC/E 32)

原因

Empower サーバーを更新すると、watersservice に、LAC/E 32 から Empower サーバーの生データ共有にデータをアップロードするアクセス権限がなくなります。

解決策

  1. LAC/E(取り込みクライアント) watersservice のログオンプロパティを変更して、デフォルトのローカルシステムアカウントではなく、プロジェクトフォルダーと共有フォルダーにアクセス権を持つ期限切れのない別のバックグラウンドサービスアカウントを使用します。または、ドメイン管理者アカウントを使用します。
  2. watersservice を再起動します。
  3. 次の回復スイープ中にデータは自動的にサーバーにアップロードされ、これは 10 分ごとに行われます。

追加情報

エラー「リモートファイルを作成できず、データファイルを回復できませんでした」のみが表示され、「アクセスが拒否されたため、ノード empower の Waters サービスに接続できません」は表示されない場合、Empower サーバーの生データ共有 UNC パス:\\Empower servername\Waters_Projects$ に、フルコントロールの Windows システムアカウントが含まれていることを確認します。

「RestrictRemoteClients」などのグループポリシーがドメインに適用されていないことを確認します。問題を解決するには、これをサーバーのレジストリー設定から削除する必要があることがあります。

 

clipboard_ea57ef4046c335c5503a7e541565de9e6.png

chromatogram