メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower での ACQUITY QDa の通信フェイル - WKB29773

Article number: 29773To English version

症状

  • QDa が ACQUITY コンソール画面に表示されない
  • Empower の[サンプルの分析]画面で、QDa をリセットできない
  • [サンプルの分析]画面に QDa のデータがない

環境

  • Empower 3
  • ACQUITY QDa 質量検出器

原因

通信の喪失

解決策

  1. メイン Empower 画面から[システムを構成]を開きます。
  2. 「ノード」を反転表示します。
  3. QDa が接続されている先のノードを反転表示します。
  4. 反転表示されたノードを右クリックし、[プロパティ]を選択します。
  5. [DHCP 設定]タブをクリックします。
  6. [DHCP 設定]ボタンをクリックします。
  7. テーブルの QDa のエントリーを反転表示します。
  8. テーブルの下にある[削除]ボタンをクリックします。
  9. QDa の電源を切ります。
  10. すべての Empower 画面を閉じて、Empower をログアウトします。
  11. C ドライブ/Empower/Instruments/Bin フォルダーにある ACQUITY プロセス停止コマンドを実行します。
  12. QDa に接続されているノードを再起動します。
  13. ノードが再起動されたら、QDa の電源を入れます。
  14. Empower にログインし、ステップ 1 〜 6 を繰り返します。
  15. QDa が再び表に記載されていることを確認します。
  16. メイン画面以外のすべての Empower ウィンドウを閉じます。
  17. [サンプルの分析]を開いて、QDa のコントロールを開始します。

追加情報

これは、通信障害の解決策の 1 つです。他にもあるかもしれません。