メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower 3 でのグラジェント曲線 11 の機能 - WKB3489

Article number: 3489To English version

環境

  • Empower 3 Feature Release 3

回答

 

以下の曲線プロファイルの図を参照してください。

 

追加情報

Empowerで、[ヘルプトピック] > [装置メソッドの作成]に移動します。下方にスクロールしてグラジェント曲線図を表示します。

以下の 11 のグラジェント曲線 (1~11) があります。
I.) ステップ関数:    曲線 1 と 11
II.) 凸曲線セット:    曲線 2、3、4、5
III.) 凹曲線セット:    曲線 6、7、8、9、10(直線を含む)

以下の変数名は、全体を通して使用されます:Ti グラジエントセグメント開始時間、Tf グラジエントセグメント終了時間、t 瞬間分析時間(クロマトグラフィー分析時間)、C(t) 時間「t」での瞬時組成、Ci セグメント開始時の組成、Cf セグメント終了時の組成、N 指数項、X グラジェントが「セグメントの期間を通して計算されたそれぞれの場合について定義。ここで、単一のセグメントはクロマトグラフィー分析全体を構成することや、分析の成分(または送液)プロファイルを作成するために連結される複数の「セグメント」の 1 つであることがあります。いずれの場合も、有効な分析時間「t」は、単一のセグメントとの関連で存在し、そのセグメントは、開始時間、終了時間(または停止時間)、組成に関する初期条件(または送液)、および組成(または送液)に関する最終条件があることによって、キャラクタライズされます。上記の特定された変数命名法は、溶出コントロールのモデルに従います。ステップ関数は定義として扱われます(つまり、他の曲線種類のように、セグメント全体で連続的な評価は必要ではありません)。これらは次記のように定義されます。曲線1:セグメント開始時に最終条件に直ちにステップします(つまり、Ti の時点で Cf に移動)。曲線11:セグメント終了時に最終条件にステップします(つまり、Tf の時点で Cf に移動)。凸曲線セットは次記に適合します: C(t) = Cf – [ (Cf – Ci) * (X^N) ] 、ここで、表記法 X^N は X の N 乗の値を示し、曲線 2 N = 8、曲線 3 N = 5、曲線 4 N = 3、曲線 5 N = 2 です。凹曲線セット(線形を含む)は次記に適合します:C(t) = Ci + [ (Cf – Ci) * (X^N) ] 、ここで、X = (t – Ti) / (Tf – Ti) であり、表記法 X^N は X の N 乗の値を示し、曲線 6 N = 1、曲線 7 N = 2 、曲線 8 N = 3、曲線 9 N = 5、曲線 10 N = 8 です。