メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower から、Agilent ICF 2.2 およびそれ以降のバージョンを搭載した Agilent LC のプレートを設定する方法 - WKB3619

Article number: 3619To English version

目的または目標

Empower に Agilent プレート種類をインポートします。

環境

  • Empower 3
  • Agilent 装置コントロールフレームワーク (ICF) サポートバージョン 2.2 およびそれ以降のバージョン

手順

プレート種類の定義のインポート

Empower 2 FR5 以降、システム管理ユーティリティを使用して、プレート種類定義をインポートまたは選択することができます。 ただし、リリースノートには、テキストファイルの場所については記載されていません。Web サイトまたは DVD から exe ファイルをダウンロードすると、「AgilentPlatesForImport」という名前のファイルがあります。ここで、プレートのすべてのテキストファイルを見つけることができます。

 

 

 

プレート種類の定義をインポートする方法:

  1. [システム管理] > [プレートの種類]を選択します。
  2. [プレートの種類名]フィールドの行の内側を右クリックして、[テキストからインポート]を選択します。

または、フィールドの中を右クリックして、[新規作成]を選択し、新しいプレート種類名を指定して、[OK]をクリックします。

  1. プレート種類ファイルのパスと名前を入力するか、またはファイルの場所を参照します。
  2. 新しいプレート種類定義の名前を入力して、OK をクリックします。

追加情報

Agilent 装置コントロールフレームワーク (ICF) サポートバージョン 2.2

注:カスタムプレートはサポートされていません

  • この記事は役に立ちましたか?