メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower で絶対検量線を作成する方法 - WKB3846

Article number: 3846To English version

目的または目標

この記事では、[サンプルの分析]画面で Empower 内で基本的な絶対検量線を作成する方法が、説明されています。

環境

  • Empower
  • Empower 2
  • Empower 3
  • Breeze 2

手順

  1. [サンプルの分析]画面を開きます。
  2. サンプル表に記入して、使用する標準溶液の機能が、「標準試料注入」であることを、確認します。
  3. [サンプルの分析]画面の上部に移動し、[編集 - 濃度]をクリックします。
  4. 新しい画面で、画面の右上にあるドロップダウンメニューで[標準試料のみ]を選択します。
  5. 画面の左下で[すべてのサンプル]タブをクリックします。
  6. 画面の表で、標準溶液の各成分の名前を入力します。これは使用する解析メソッドに登録されている成分と、正確に同じでなければなりません。
  7. 成分名の右側に、各標準溶液の値を指定します。サンプルセットでの標準注入ごとに 1 つの列があります。
  8. 画面の右下で[OK]をクリックします。これによって画面が閉じますが、情報はサンプルセットの一部として保存されます。
  9. サンプルセットを分析します。
  10. 分析が終了したら、データを解析します。Empower により、ユーザーが提供した情報を使用して検量線が作成されます。デフォルトでは、面積対濃度です。

追加情報

サンプルを分析する前に成分および内容物の情報を入力していない場合は、操作が完了した後に解析メソッドを作成して、サンプルグループで[サンプルの変更]を右クリックし、[編集 - 内容物]をクリックして、入力することもできます。ステップ 3~8 を参照してください。これは、Breeze 2 にも適用されます。