メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Agilent LC システムの Agilent Automatic Liquid Sampler (ALS) の温度を設定する方法 - WKB8250

Article number: 8250To English version

目的または目標

ALS サンプラーの温度を設定する。

環境

  • Empower 3 Feature Release 1 Service Release 1
  • Agilent ICF 2.2

手順

  1. システムを作成するときは、Preconfiguration ユーティリティで[Thermostat installed]と[Thermostat controlled by method]を選択します。
  2. システムを作成し、[サンプルの分析]に移動して、システムがアイドル状態になっていることを確認します。
  3. [サンプラー]ツールを右クリックし、[コントロール]を選択します。
  4. サーモスタットを[オン]に設定します。
  5. [サーモスタット温度制御]で、任意の温度を指定します([オフ]のままにしないでください)。
  6. これらのパラメーターを設定した後、再びアイドル状態になるまで待つ必要があります。
  7. システムがアイドル状態の場合は、再び[サンプラー]を右クリックし、[変更]、[温度制御]を選択します。
  8. [可変温度モード]を選択します。
  9. 装置メソッドを作成します。
  10. 装置メソッドで[サンプラー]を選択し、[設定]に移動します。[サーモスタットがメソッドで制御されています]がすでに選択されているので、変更する必要はありません。そうでない場合は、システムを削除して再作成するか、ICF を再インストールする必要があります。

追加情報