メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower を使用する Agilent 7890B および 7697A での「Vial Attribute not valid」(バイアル属性が無効です)エラーメッセージ-WKB8315

Article number: 8315To English version

症状

  • 分析が開始されると、メッセージセンターに「Vial Attribute not valid」(バイアル属性が無効です)と表示される
  • サンプルの分析での装置フェイル

環境

  • Agilent GC 7890B
  • Agilent ヘッドスペース 7697A
  • Empower 3 Service Release 2 Hotfix1

原因

サンプルテーブルの注入量が多すぎます。

解決策

  1. サンプルセットメソッドで注入量を調整します。
  2. 最大注入量は、シリンジ容量の 50% を超えない必要があります。
  3. 注入量を 5 μL 未満に減らすか、より大きなシリンジを取り付けます。
  4. Fr. シリンジまたは Bk. シリンジの[サンプルの分析]コントローパネルでリンクをクリックして、適切ないシリンジ容量を定義します。

追加情報

スプリット注入テクニックに関する記事 WKB62833 を参照してください

スプリットレス注入テクニックに関する記事 WKB62831 を参照してください

PTV 注入テクニックに関する記事 WKB62933 を参照してください

7890 GC, 7890 GCDET, 7890BGC, 7890ヘッドスペース サンプルセット, EMP2LIC, EMP2OPT, EMP2SW, EMP3GC, EMP3LIC, EMP3OPT, EMP3SW, EMPGC, EMPGPC, EMPLIC, EMPOWER2, EMPOWER3, EMPSW, HEADSPACE, message center, sample set method, SUP, アジレント