メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower 2 でJP s/n を計算する方法(システムスータビリティオプションあり) - WKB84379

Article number: 84379To English version

目的または目標

Empower 2でJP s/nを計算する(システムスータビリティオプションあり)

環境

  • Empower 2
  • システムスータビリティオプションあり
  • ノイズはブランクサンプルではなく、S/N計算したいピークが検出されているサンプル上で指定

手順

  1. 解析メソッド「スータビリティ」タブで「スータビリティ結果を計算する」にチェック、「ボイドボリューム時間」を入力、薬局方の選択は「全て」clipboard_e13e70c6d0050785404e2d718c0304880.png
  2. 解析メソッド「スータビリティ」タブで「EP S/Nを計算」にチェック
  3. 解析メソッド「ノイズおよびドリフト」タブで「検出器ノイズとドリフトの計算」にチェック、開始時間、終了時間にノイズ計算範囲を入力
    クロマトグラム上でピークがでていない範囲を指定します。
    ピークの半値幅の20倍の範囲を自動で設定することはできないので、半値幅の20倍程度の範囲を設定します。
    半値幅はスータビリティ設定の実施された解析メソッドで解析すると、「高さ50%の幅」という項目名で計算されます。clipboard_e2141347f43cad3f2ee090cce6097193d.png
  4. 解析メソッドを保存
  5. 手順4で保存した解析メソッドで解析を実行
  6. EP S/Nが計算されるので、フィールドのタイトルをJP s/nに変更
    ■レビュー画面で変更する場合
    EP S/Nの列のタイトルを右クリック「列のプロパティ」を選択、列のプロパティ画面の「フィールド名」を変更します。
    ■レポートのピークテーブルで変更する場合
    テーブルのプロパティ「テーブル」タブでEP S/Nの列のタイトルをクリックし、黒く反転させた状態で「列のプロパティ」を選択、
    列のプロパティ画面の「フィールド名」を変更します。

追加情報

EP S/Nの計算式は以下になります。

clipboard_e3eb7b571e7f9298905fbc754132f35ab.pngclipboard_eed12ef0ad1dd61a1ee9d600c47d23f78.png

 

chromatogram, void volume

  • この記事は役に立ちましたか?