メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

フロントインレットとバック検出器を使用した Agilent 6890 で、装置フェイルが発生 - WKB9157

Article number: 9157To English version

症状

  • システムを使用しようとすると、装置フェイルが発生する
  • フロントインジェクターとバック検出器を組み合わせたシステムを使用しようとしている

環境

  • Empower 3
  • Agilent 6890 GC
  • フロントインジェクターおよびバック検出器を使用するように構成されたシステム

原因

装置メソッドと 6890 フロントパネルの設定が正しく行われていません。

解決策または回避策

  1. バック検出器を備えたフロントインジェクターのみを使用する場合は、Empower 装置メソッドで以下を有効にする必要があります。
    • フロントインジェクター
    • フロントインレット
    • カラム 1
    • チャンネル 1
    • バック検出器

チャンネル1(装置メソッドの[チャンネル 1]タブ)のソースはバック検出器でなければなりません。装置メソッドが正しく設定されていても、システムがまだ機能しない場合は、GC のフロントパネルが装置メソッドと同じ設定になっていることを確認してください。また、カラム 2 がバックインレットを使用するように設定されていることを確認してください。これは、カラム 2 が使用されていない場合にも必要です。

追加情報

   

clipboard_e928dd5046ac6d7c963f68b166011e658.png

clipboard_e205ed811af0832551a68a211b14be089.png

 

6890A/+GC, 6890N GC, EMP2LIC, EMP2OPT, EMP2SW, EMP3GC, EMP3LIC, EMP3OPT, EMP3SW, EMPGC, EMPGPC, EMPLIC, EMPOWER2, EMPOWER3, EMPSW, SUP, アジレント

  • この記事は役に立ちましたか?