メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ICF のアップグレード後、Empower ノードのプロパティでは Agilent LC または GC が認識されない - WKB94990

Article number: 94990To English version

症状

  • ICF を 3.0 から任意のバージョンに、または 3.1 から任意のバージョンに、または 3.2 から任意のバージョンにアップグレードした後、ノードのプロパティでは、Agilent LC または GC の装置ステータスが「NO」と表示される
  • アップグレード後、サンプルセットの開始時に「server busy」(サーバービジー)または「instrument failure」(装置フェイル)が発生することがある

環境

  • Empower 3
  • Agilent 装置コントロールフレームワーク
  • Agilent LC
  • Agilent GC

原因

 アップグレード中に、ソフトウェアは設定の詳細を削除します

解決策

  1. Empower の[ノードのプロパティ]に移動し、[DHCP 設定]から装置を削除します。
  2. MAC アドレスおよびユニックな装置名を使用して、装置を再度追加します。
  3. 装置をスキャンし、Agilent LC または GC の装置ステータスが「YES」と表示されることを確認します。

追加情報

CRI-1383

6890A/+GC, 6890N GC, 7890 GC, 7890 GCDET, 7890BGC, 7890ヘッドスペース サンプルセット, EMP2LIC, EMP2OPT, EMP2SW, EMP3GC, EMP3LIC, EMP3OPT, EMP3SW, EMPGC, EMPGPC, EMPLIC, EMPOWER2, EMPOWER3, EMPSW, node, sample set, server busy, SUP, upgrade, アジレント, エンタープライズ