メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

TargetLynx ブラウザーに結果が表示されない - WKB1568

Article number: 1568To English version

症状

  • サマリーバーにはサンプル名のみが表示され、その他の結果は表示されません
  • サンプルリストから開くと、クロマトグラム画面にデータが表示されます

環境

  • MassLynx 4.1
  • TargetLynx 4.1

原因

MS メソッドにリストされているトランジション値が、TargetLynx メソッドのものとは異なっています。

解決策

TargetLynx メソッドを変更して、MS メソッドのトランジションと正確に一致させます。

TargetLynx ブラウザーで:

  1. [View] > [Experimental Record]を選択するか をクリックして、実験記録を開きます。
  2. [Edit] > [Method]を選択して、TargetLynx メソッドを表示します。
  3. [User Defined Properties]ページのQuantification TraceをExperimental Recordのトランジション値と比較します。値が異なる場合は、Experimental Recordと一致するように TargetLynx メソッドを変更します。
    注:TargetLynx メソッドをブラウザー内から変更してそのブラウザー内で再解析すると、その変更はそのデータセット専用に保存されます。

TargetLynx メソッドを変更するには:

  1. TargetLynx ブラウザーを閉じます。
  2. メイン TargetLynx ページで、[Edit]をクリックします。
  3. Experimental Recordを一致させるために、[User Defined Properties]ページのQuantification Traceを編集します。
  4. [File] > [Save As]を選択します。

 

注:ピーク詳細を TargetLynx メソッドに自動入力するには:

1. 対象の化合物が含まれている MRM または MS クロマトグラムを開きます。

2. TargetLynx メソッドエディターで、化合物を選択します。

3. [Quantification Trace]ボックスをクリックします。

4. クロマトグラム画面で右クリックして、対象のピークにわたってドラッグします。

5. MRM の詳細とピーク保持時間が、自動的に TargetLynx メソッドに入力されます。

追加情報