メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY UPLC と MassLynx との間の通信の喪失 - WKB5306

Article number: 5306To English version

症状

  • ACQUITY システムとの通信の喪失
  • コンソールでのエラーメッセージ

環境

 

  • ACQUITY クォータナリーソルベントマネージャ (QSM)
  • ACQUITY バイナリーソルベントマネージャ (BSM)
  • ACQUITY サンプルマネージャ (SM) 
  • ACQUITY カラムマネージャ (CM)
  • ACQUITY フォトダイオードアレイ検出器 (PDA)
  • ACQUITY チューナブル UV 検出器 (TUV)
  • ACQUITY
  • ACQUITY I-Class
  • ACQUITY H-Class

 

原因

原因不明な通信の問題

 

解決策または回避策

  1. MassLynx を終了します。
  2. 各 ACQUITY コンポーネントの電源を切ります。
  3. 1 分待ってから、すべての ACQUITY コンポーネントの電源を入れます。システムが標準型 ACQUITY または I-Class ACQUITY の場合は、サンプルマネージャから始めます。H-Class システムの場合はカラムマネージャから開始します。
  4. 装置を初期化し、MassLynx を開きます。
  5. [Console](コンソール)画面を開きます。
  6. いずれかの装置で通信喪失メッセージが表示された場合は、コンソールでその特定の装置に移動し、[Control](コントロール)ドロップダウンメニューを展開して[Reset](リセット)を選択します。
  7. すべての通信エラーメッセージがコンソールから消去されたら、インレットメソッドを開きます。
  8. インレットメソッドエディターで[LC]を選択し、[Reset Communication](通信をリセット)を選択します。

追加情報