メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

エラー:Object reference not set to an instance of an object from ACQUITY Console(オブジェクト参照が、ACQUITY Console からのオブジェクトのインスタンスに設定されない) - WKB742

Article number: 742To English version

症状

  • ACQUITY Console を開くと、次記のエラーが生成される。

環境

  • MassLynx 4.1 SCN 873
  • Windows 7
  • ACQUITY UPLC
  • ICOP 1.5

原因

  • 「Object reference not set to an instance of an object」のエラーは、通常、ACQUITY システムコントロールソフトウェアの登録の失敗によって発生します。

解決策

 

  1. C:\Program Files (x86)\Waters Instruments\Bin」で StopACQUITYProcesses.cmd を実行してください。

  2. コマンドプロンプトを開きます(Windows のスタートメニュー -> [実行] -> [cmd]を使用)

  3. cd C:\Program Files (x86)\Waters\ICS\Companion と入力して、ディレクトリーを ICSCompanionSetup.exe の場所に変更し、Enter キーを押します。

  4. 次のコマンドを入力して Enter キーを押します:ICSCompanionSetup.exe /v"SKIP=TRUE"

  5. MassLynx と MS Console を再度開いて確認します。

追加情報

  • 本件は .NET Framework 自体の問題ではありません。 .NET Framework を削除または再インストールしないでください。
  • Microsoft の .NET Framework を使用するソフトウェアにエラーが発生した際に .NET エラーが発生します
  • KCS:エラー:Object reference not set to an instance of an objectを参照