メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

OAlogin で Debug Monitor のロギングを設定する方法 - WKB8080

Article number: 8080To English version

目的または目標

トラブルシューティングのために、デバッグロギングを設定し、OAlogin アクティビティのログを収集する。

環境

  • MassLynx
  • OALogin、OpenLynx、OAManager
  • Debug Monitor、DbMon

手順

  1. C:\OALogin\ に移動します。

  2. DbMon.exe を右クリックし、[Run as Administrator](管理者として実行)を選択します。Debug Monitor が起動します。

  3. ログファイルの場所とベースファイルの名前を選択します。
    通常:C:\MLynxLogs\OALog

  4. Logging Options (ロギングオプション)の下のすべてのボックスにチェックマークを入れます。

  5. Start Logging (ロギングの開始)をクリックします。

  6. ソフトウェアは OAlogin プロセスを監視し、指定されたディレクトリにログファイルを作成します。

  7. ファイルサイズが約 10,544 KB に達すると、増分番号付きの新しいログファイルが作成されます。

  8. 現在のログファイル名がステータスウィンドウに表示されます。

  9. メモ帳、WordPad、Word などのテキストベースのアプリケーションを使用してログファイルを開きます。

  10. [Stop logging](ロギングの停止)をクリックして、Debug Monitor を停止します。

  11. OALogin の問題を解決するために、ログファイルをテクニカルサポートチームに電子メールで送信します。

追加情報