メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

既にインストールされているにもかかわらず、NuGenesis Transfer Application をインストールするようにプロンプトで指示されます - WKB967

Article number: 967To English version

症状

  • レポートをプレビューまたは WebVision からファイルをダウンロードしようとすると、NuGenesis Transfer Application をインストールするようにプロンプトで指示されますが、Transfer Application はすでに PC にインストールされています。

環境

  • NuGenesis 8 SDMS
  • Internet Explorer 8~11

原因

NuGenesis Transfer Application が Windows に適切に登録されていません。具体的には、Internet Explorer ブラウザーに、NuGenesis Web サーバーへの HTTP 要求の Accept ヘッダーで「application/nugenesis-sdms」が含まれていません。

解決策

  1. Transfer Application がインストールされていることを確認してください。Transfer Application の Auto IQ を実行し、ログファイルのエラーを確認してください。
  2. WebVision サーバーを IE の信頼済みサイトのセキュリティゾーンおよびその互換表示リストに追加します。どちらも、WebVision サイトの適切な操作に必要です。
  3. (NuGenesis 8 SR1 のみ)64 ビット版 IE を確認してください。これは、デフォルトでは Transfer アプリケーションでは機能しません。
  4. PC で「SDMS MIME タイプの登録」ユーティリティを実行します。これは[スタートメニュー]または[スタート]画面 > [すべてのプログラム] > [NuGenesis 8.0]にあります。IE を閉じて再度開きます。メッセージが解消されない場合は、クライアントコンピューターを再起動します。再起動する前に、ブラウザーからクッキーと履歴を削除します。
  5. レジストリーで「Application/nugenesis-sdms」を検索します。このような値が検出された場合は、これらを「application/nugenesis-sdms」に変更します。
    • 特に次記のキーを探します:
      1. 32 ビット版 IE のシステムデフォルト:
        • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Accepted Documents
      2. 64 ビット版 IE のシステムデフォルト:
        • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Accepted Documents
      3. HKEY_USERS\[user SID]\Software\... にあるユーザー固有のレジストリーキー。これらのキーは、マシン上のすべてのアカウントには存在しない場合があります。その場合、システムのデフォルトキーはそれらのユーザーに有効です
  6. クライアントマシンを再起動します。
  7. ユーザーのプロファイルを削除します。場合によっては、Internet Explorer によって Accept ヘッダーで「Application/nugenesis-sdms」が送信されます。これはユーザーのプロファイルでのエラーによって発生し、クライアントマシン(または Citrix を使用している場合は Citrix サーバー)からプロファイルを消去することが、この問題の唯一の既知の修正方法です。

追加情報