メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Xcalibur ソフトウェアによってコントロールされる nanoACQUITY サンプルマネージャの注入モードを、シングルポンプトラップからダイレクト注入に変更できません - WKB9818

Article number: 9818To English version

症状

  • 注入モードをシングルポンプトラップからダイレクト注入に変更し、ACQUITY Consoleをリセットします。結果:処理されていない例外エラー。

環境

  • Xcalibur 4.0.27.19
  • nanoACQUITY UPLC システム
  • Waters nanoACQUITY バージョン 2.9.0 ビルド 744
  • 装置ドライバーパックバージョン 1.51.3347 ビルド 2011 年 7 月 5 日

原因

Xcalibur コントロールを使用してnanoACQUITY サンプルマネージャの注入モードを変更するには、ユーザーアカウントを「Never Notify」(通知しない)内に設定する必要があります。

解決策

  1. Windows に管理者としてログインします。
  2. [スタート] > [コントロールパネル] > [ユーザーアカウント] > [ユーザーアカウント] > [ユーザーコントロールの設定を変更]に移動します。
  3. [ユーザーコントロールの設定]を「通知しない」に設定します。
  4. PC を再起動します。
  5. Xcalibur および ACQUITY Console に移動します。
  6. 注入モードを変更し、コンソールをリセットします。
  7. Xcalibur と ACQUITY Console を閉じます。
  8. [スタート] > [コントロールパネル] > [ユーザーアカウント] > [ユーザーアカウント] > [ユーザーコントロールの設定を変更]に移動します。
  9. [ユーザーコントロール設定]を[デフォルト]に設定します。
  10. PC を再起動します。
  11. Xcalibur および ACQUITY Console に移動します。

追加情報

Xcalibur の通常の操作では、[ユーザーコントロール]を[デフォルト]に設定する必要があります。注入モードを変更する(シングルポンプトラップモードからダイレクト注入へ、またはダイレクト注入からシングルポンプトラップモードへ)には、[ユーザーコントロール]を[通知しない]に設定する必要があります。注入モードを変更するには、ユーザーコントロール設定を変更する必要があります。