メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY UPLC サンプルマネージャ-FL での「Sample fluidics high pressure limit (value) error」(サンプル送液圧力超過(値)エラー) - WKB100139

Article number: 100139To English version

症状

  • 「Sample fluidics high pressure limit (value) error」(サンプル送液圧力超過(値)エラー)
  • サンプルニードルを交換しても問題が解決されない

環境

  • ACQUITY UPLC サンプルマネージャ

原因

注入バルブカートリッジに詰まりがあります

解決策

ステップ 1 では、以下のように詰まりをフラッシュ洗浄して除去します。

  1. ポート 2 および 3 からラインを取り外します。
  2. ポート 5 からのラインをとってポート 3 に入れ、流量を 0.1 mL/分に約 2 分間設定します。
  3. ポート 5 からのラインをとってポート 2 に入れ、流量を 0.1 mL/分に約 2 分間設定します。
  4. すべてのラインをそれぞれのポートに戻します。

clipboard_e91f7c0f1afecfa20d2f48c9b0a2ab9a6.png

5. シリンジをプライムします。

6. 詰まりが洗い流されたことを確認します。

詰まりが除去されず、注入バルブにある場合:

  1. 注入バルブカートリッジ (700002765) を交換します。

追加情報

注入バルブカートリッジの交換に関する手順は、ACQUITY UPLC System Operator's Guide(『ACQUITY UPLC システムオペレーターズガイド』)(71500082502JA) にあります。

id100139, Inject valve cartridge, Injector pod, sample manager, インジェクターバルブカートリッジ, フルイディクス, 注入ポッド, 流路系

  • この記事は役に立ちましたか?