メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

HPLC 圧力変動 - WKB10722

Article number: 10722To English version

症状

  • 圧力は、カラムの有無にかかわらず 0 ~ 600 psi の範囲で変動します。
  • プライムをしても解決しません。
  • ピークが遅れて溶出します。
  • プランジャーストローク時の圧力低下
  • 圧力の喪失
  • チェックバルブを超音波処理しても問題は解決しない

環境

  • Alliance HPLC システム
  • 2695 セパレーションモジュール
  • 2695D 溶出セパレーションモジュール
  • 2795 セパレーションモジュール
  • 515 HPLC ポンプ
  • 1515 アイソクラティック HPLC ポンプ
  • 1525 バイナリー HPLC ポンプ
  • 1525 マイクロバイナリー HPLC ポンプ
  • 600 マルチソルベント送液ポンプ

原因

チェックバルブが不良です。

解決策

  1. チェックバルブを正しい種類の新しいバルブと交換します(以下のビデオを参照)。標準チェックバルブ、700000254
    1. PerformancePLUS CV カートリッジ、R/S、1/8 インチ (700000254)
    2. チェックバルブカートリッジ、R/S、1/16 インチ(WAT270941)
    3. PerformancePLUS CV カートリッジ、セラミック、1/8 インチ ( 700002399)
    4. チェックバルブ、セラミック (700002333)
    5. チェックバルブカートリッジ、R/S、チタン (700002255)
    6. 2790/2795 の場合は、チェックバルブカートリッジ、セラミック、1/16 インチ (700002761) も交換
  2. 新しいチェックバルブの交換後に高いデルタ psi または圧力変動が続く場合は、システムの CD 比を確認してください(以下のビデオを参照)。CD > 1.80 の場合、Alliance ソルベントマネージャ PM キット (700004073) を使用してポンプを再構築することを検討してください。
  3. それ以上の圧力低下がないことを確認します。

追加情報

Alliance システムチェックバルブカートリッジの交換

Alliance 2695 HPLC での C/D 比の確認

 

圧力変動