メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY UPLC サンプルマネージャの電源が入らない - WKB10915

Article number: 10915To English version

症状

以下のいずれかまたはすべての症状が観察される可能性がある。

  • サンプルマネージャの電源が入らない
  • サンプルマネージャまたはカラムヒーターのステータス LED が消灯している
  • 電源ケーブルが接続していても外部ファンが作動しない
  • 電源に電力がある
  • 電源アセンブリーは新しい
  • プラグおよびアウトレットはすべて正常に機能している

環境

  • ACQUITY UPLC サンプルマネージャ
    • 2007 年 3 月以前に製造された装置は、外部ヒューズ引き出し付きの (CORCOM) 電源入力モジュールを備えています

原因

電源入力モジュールの 10 アンペアヒューズの故障

電源入力モジュールのプラグピンおよびハウジングの物理的な損傷

解決策

故障したヒューズを交換します。パーツ番号 700002577 - FUSE, 10A, 5MMX20MM, FAST BLOW (5)

必要条件:片方のヒューズのみで切断または不良が疑われる場合でも、ヒューズは両方まとめて交換してください。

  1. 電源入力モジュールから、電源コードを外します。
  2. マイナスドライバを使用して、電源入力モジュールの背面パネルの上にあるヒューズホルダーのフタを開きます。
  3. ヒューズホルダーはスプリングで固定されているので、最小限の力を加えてヒューズホルダーを取り外します。
  4. 故障を確認するためにマルチメータでヒューズ抵抗(オーム)を測定します。
  5. 古いヒューズを外して捨てます。
  6. 新しいヒューズをホルダーに差し込み、ホルダーを電源入力モジュールに差し込みます。
  7. 電源入力モジュールから、電源コードを外します。

追加情報

ACQUITY UPLC システム操作ガイドの追加の資料を参照してください。

column heater