メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

カラムマネージャ - アクティブのエラー:実行中にカラム x のドアが開いている - WKB11398

Article number: 11398To English version

症状

  • カラムマネージャ - アクティブで、「実行中にカラム 1 のドアが開いている」または「実行中にカラム 2 のドアが開いている」というエラーメッセージが発生する。
    • このエラーは、実行中に正確に 1 分間発生します。
    • CM のランタイムを 1 分以下に設定すると、エラーは表示されなくなり、実行は正常に進行しました。
      • エラーメッセージを回避するために、ランタイムの設定でドア開メッセージのタイムアウトを回避しました。
  • アクティブプレヒーターが、選択されたカラムの設定温度を達成しないままです。

環境

  • カラムマネージャ - アクティブ
  • Auxiliary カラムマネージャ - アクティブ

原因

カラムトラフカバーの左上隅に頭がつぶれたねじがあった。これにより、アセンブリーの絶縁部分が磁気センサーから引き離された。

解決策

  1. カラムトラフカバーアセンブリーを交換します。
    • カラムモジュール前面トラフカバー (700005439)

追加情報

  • 磁石はカラムトラフカバー上にあります。読み取りセンサーは、デュアルカラムトラフアセンブリー内に配置されています。
  • コンパートメントのトラフカバーを閉じると磁気スイッチが作動し、アクティブプレヒーターの 24 V がオンになります。
  • アクティブプレヒーターは、トラフコンパートメントカバーが閉じられているときに、選択されたカラム位置の設定温度で動作します。

active preheater, APH

  • この記事は役に立ちましたか?