メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ダイナミックリークテスト中のエラー:「圧力を維持できません」または「圧縮できません」 - WKB12201

Article number: 12201To English version

症状

ポンプが正常に動作しているようであり、圧力変動が低い(30 psi 以下)場合であっても、ACQUITY ソルベントマネージャのダイナミックリークテスト中に「圧力を維持できません」または「圧縮できません」エラーが発生する。圧力が正常に見えるが、圧力低下がランダムで発生する。

環境

  • ACQUITY UPLC BSM
  • ACQUITY I-Class BSM
  • ACQUITY H-Class BSM
  • ACQUITY H-ClassQSM

原因

プライマリーポンプの i2V チェックバルブの不良

解決策

  1. i2v カートリッジを交換します。
  2. 溶媒をプライムします。
  3. ダイナミックリークテストに合格することを確認します。
  4. 動作圧力でのデルタ psi が適切であることを確認します。

 

追加情報

Classic ACQUITY の製品番号:
- プライマリーチェックバルブ:700002596
- プライマリー i2v チェックバルブ:700003563
- アキュムレーターチェックバルブ:700002968

I-Class ACQUITY の製品番号:
- プライマリーチェックバルブ:700004139
- アキュムレーターチェックバルブ:700003755

H-Class ACQUITY の製品番号:
- プライマリーチェックバルブ:700005165
- アキュムレーターチェックバルブ:700005164

M-Class ACQUITY の製品番号:
- プライマリーチェックバルブ:700005414
- アキュムレーターチェックバルブ:700005415

DLT、圧力変動

  • この記事は役に立ちましたか?