メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

2487 のエラー:Lamp data not found、System not calibrated、Method not found - WKB1236

Article number: 1236To English version

症状

     検出器の電源投入時に、次のエラーが表示される。

  •   Lamp data not found
  •   System not calibrated
  •   Method not found

IEEE アドレスがデフォルト値の 4 にリセットされる。

環境

  • 2487 デュアル波長吸光度検出器

原因

 バッテリーが消耗しているか、切れています。

解決策

  1. 3V リチウム電池を交換します (Waters 品番 WAT080443)。バッテリーは CPU ボード上にあるので、交換時には安全対策を適正に守ってください。または、認定された Waters フィールドサービスエンジニアに連絡して、交換を依頼してください。
  2. セルに送液した状態で Shift + 3 を押して手動で検出器をキャリブレーションします。その後、IEEE アドレスを再設定します。

         バッテリーへのリンク

追加情報

IEEE-488 アドレスを設定または変更するには:

  1. 2487 検出器キーパッドの[CONFIGURE](設定)(Shift DIAG) を押します。現在の IEEE-488 アドレスが記載されている最初の設定画面が表示されます。
  2. IEEE-488 アドレスを入力します。
  3. Enter キーを押します。IEEE-488 アドレスがすぐに反映されます(電源をリセットする必要はありません)。
  4. [Next](次へ)を押して次の設定画面に移動するか、[HOME](ホーム)を押して吸光度画面に戻ります。

2487, battery