メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY UPLC カラムマネージャ:コンソールで「初期化:機能テキストがありません」メッセージ - WKB14578

Article number: 14578To English version

症状

  • カラムマネージャ:「Initialize: No Function Text」というメッセージがカラムマネージャのコンソールビューに表示され、通信が緑色の状態で表示されても、システムはサンプルリストを開始できません。インレットの構成に検出器として構成された ACQUITY CM は、最初の注入が行われた後にコンソールにエラーが表示されます。
    • インレットメソッドの、Autosampler と Column Manager の両方のアイコンにカラムマネージャのパラメーターがあります。
    カラムマネージャの通信が失われる:コンソールの「CMリセット」オプションが利用できない。
    • コンソールと MassLynx を終了し、CM の電源を入れて MS EPC を再起動して、通信を確立します。

環境

  • MassLynx 4.1 および ACQUITY ICOP v1.40 ACQUITY UPLC カラムマネージャ(v1.40 ファームウェア)

原因

  • Inlet configuration で、ACQUITY CM が検出器として正しく構成されていませんでした。
    • 装置コントロールソフトウェアの ICOP 1.40 バージョンでは、クラシックなカラムマネージャのコントロールをオートサンプラーインレットでパッケージ化しています。

解決策

  1. ACQUITY CM を検出器としてインレット構成から取り外します。
    • ACQUITY カラムマネージャは、オートサンプラーのインレットメソッドの一部としてコントロールされるようになりました。

追加情報

MassLynx 4.1 を June 2011 Driver Pack 3 以降で使用する場合、カラムマネージャデバイスは、装置に構成された検出器として設定されるようになりました。