メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

波長モードをシングルからデュアルに切り替えると、サンプリングレートオプションが 1 または 2 ポイント/秒にしかならないのはなぜですか? - WKB1679

Article number: 1679To English version

環境

  • Empower
  • 2487 デュアル波長吸光度検出器
  • 2489 UV/Vis 検出器
  • ACQUITY UPLC チューナブル UV 検出器 (TUV)

回答

  • シングル波長モードでは、サンプリングレートのオプションは 1、2、5、10、20、40、80 です。
  • デュアル波長モードでは、サンプリングレートのオプションは 1、2 です。

この理由は、回折格子が実際には 2 つの波長の間を移動しなければならず、回折格子の物理的移動を補うためにはるかに遅い速度でなければならないからである。

 

追加情報

TUV 検出器は、デュアル波長モードで動作している場合、データ転送速度は 1 や 2 Hz でしか利用できません。これは、検出器が単一波長ではなく 2 つの波長で測定を行うために必要な物理的時間によるものです。

デュアル波長モードで動作している間は、データ転送速度を上げることはできません。

シングル波長モードでは、データ転送速度は最大 80 Hz まで利用可能です。

id1679, 2487, 2489, 2489B, 2489SFC, A-10UV, A-30UV, EMP2LIC, EMP2OPT, EMP2SW, EMP3GC, EMP3LIC, EMP3OPT, EMP3SW, EMPGC, EMPGPC, EMPLIC, EMPOWER2, EMPOWER3, EMPSW, grating, SUP, UPPTUV, UPTUV, UPTUVARC, UPTUVARCB, UPTUV-E, UPTUVTC, グレーティング

  • この記事は役に立ちましたか?