メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY QSM-R がコンソール上で「グレー表示」(使用不可)になっている - wkb16952

Article number: 16952To English version

症状

  • ACQUITY QSM-R は[サンプルの分析]画面とコンソールの両方で「グレー表示」(使用不可)になっている。
  • QSM モジュールは、非アクティブ状態でコントロールできない。
  • QSM-R のみがグレー表示される。
  • この問題は、同じサイトの同じ構成の 3 つの異なるシステムで観察された。

 

環境

  • ACQUITY QSM-R。
  • ACQUITY SM-FTN-R。
  • ACQUITY PDA 2998。

原因

不明。

解決策

  1. 最初の解決策:
    Internet Explorer の[オプション] > [詳細設定]タブ > [セキュリティ]で、次の項目にチェックマークを付けます:
    マイコンピューターでの、CD のアクティブコンテンツの実行を許可する*
    マイコンピューターのファイルでのアクティブコンテンツの実行を許可する*
    署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する

    clipboard_e306aa8d6daf552be03fdde0037d06e64.png

    再起動が必要です。
  2. 第二の解決策:
    Internet Explorer ブラウザーをアンインストールします。

追加情報

最初にシステムと LAC/E の電源を切って入れ直し、通信を再確立します。システムの再作成が必要になることがあります。

communication, EMP2LIC, EMP2OPT, EMP2SW, EMP3GC, EMP3LIC, EMP3OPT, EMP3SW, EMPGC, EMPGPC, EMPLIC, EMPOWER2, EMPOWER3, EMPSW, SUP, UPAPDA, UPC2PDA, UPPDA, UPPDAARC, UPPDAARCB, UPPDA-E, UPPDA-L, UPPDALTC, UPPDATC, UPPPDA, UPQSM, UPQSM+, UPQSMBIO, UPQSMBIO+, UPSMFTN, UPSMFTN+, UPSMFTNB+, UPSMFTNBIO, グレーアウト, コミュニケーションエラー, フロースルーニードル

  • この記事は役に立ちましたか?