メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

nanoACQUITY および M-Class 流量トランスデューサーのオートゼロの方法 - WKB1757

Article number: 1757To English version

目的または目標

最適な手順を使用して、ACQUITY M-Class および nanoACQUITY 流量トランスデューサーでオートゼロ機能を実行する。

環境

  • ACQUITY M-Class システム
  • nanoACQUITY

手順

  1. 設定圧力診断を使用して 50:50 グラジェントを実行し、システムを完全にプライムします(最低 10 分)。
  2. 送液を止め、30 分待ちます。
  3. ACQUITY Console を使用して流量トランスデューサーをオートゼロ調整します。

追加情報

この手順により、オートゼロが確実に適切に実行されます。プライム直後のポンプヘッドの温度により、システム内で流体圧力が発生することがあり、オートゼロ手順に影響する誤ったバイアスが発生することがあります。