メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ピーク検出中に発生した 2475 メッセージ:Sample signal is saturated. Gain set too high - WKB17612

Article number: 17612To English version

症状

  • 0.9 分で、ベースラインはまっすぐにマイナス 10,000 (-9999) エミッションユニットまで低下し、ポジティブ 1000 エミッションユニットまでスパイクして戻る
    • ピーク検出が終了すると、シグナルはゼロまで低下して戻り、安定したベースラインになる
    • 注入時のベースラインは安定している
  • 2475 はノーマライズおよびキャリブレーションの両方に合格した

Sample signal is saturated_Gain set too high.png

環境

  • 2475 マルチ波長蛍光検出器

原因

  • 対象ピークのゲイン設定が高く設定されると、光電子増倍管 (PMT) が瞬時にシャットダウンして自身を保護します。
  • これにより、電圧遮断時に -9999 のネガティブピークが発生します。

これは正常な動作であり、2475 Operators and Maintenance Guide(『2475 操作およびメンテナンスガイド』)、セクション 3.4.10「ゲインと EUFS の設定」に説明されています。

Fluoresence signal pinned negative_gain set too high alarm message .png

解決策または回避策

  1. エラーがクリアされるまで、励起ゲインの設定を 2 ~ 10 倍漸減します。
    • 装置メソッド内でのプログラミングを使用してゲイン設定を下げるのが最善です。
  2. ゲイン自動最適化機能により、装置メソッドで使用する正しい設定がテストされます。
    • 以下の画面キャプチャーのセクション 3.4.10 を参照してください
    • Auto optimizing gain and EUFS.png
    • 注:1 つの 2475 のゲイン設定は、別のものに転送されないことがあります。その理由は、光はフローセルで生成され、またランプの寿命、ミラー/ウィンドウの品質、フローセルのバリエーションに依存しているためです。
  3. ゲイン設定がすでに最低になっている場合は、診断メニューを使用して PMT を低感度モードに設定できます。

追加情報