メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY I-Class にクロマトグラフィーピークがない

Article number: 19542To English version

症状

  • クロマトグラフィーピークがない
  • 目視できるリークはない
  • エラーがありません
  • システム圧力は正常です
  • Z 軸はキャリブレーションされており、ニードルシールのキャラクタライズに合格している
  • サンプルシリンジのリークテストに不合格

環境

  • ACQUITY I-Class
  • ACQUITY H-Class

原因

パージラインおよびサンプルシリンジに気泡がある

解決策

  1. コンソールで、[FTN]に移動します。
  2. [コントロール]ドロップダウンメニューで、[プライム]を選択します。
  3. [洗浄溶媒]を 60 秒に設定します。
  4. [パージ溶媒]を 50 サイクルに設定します。
  5. プライムが完了したら(約 25 分)、サンプルシリンジでリークテストを実行して([メンテナンス]ドロップダウンメニュー > [リークテスト] > [開始])、合格することを確認します。

追加情報