メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY UPLC サンプルマネージャコンパートメントが、設定温度 4 ℃ に冷却できない - WKB2093

Article number: 2093To English version

症状

  • 設定温度は 4 ℃ です
  • コンソール読み取りは 6.6 °C です
  • サンプルマネージャの霜取りが行われた

環境

  • ACQUITY UPLC サンプルマネージャ

原因

試験室の周囲温度は 24.6 ℃ で、4 ℃ まで冷却する仕様より高かった。

解決策

測定値 6.6 °C では、サンプルマネージャの冷却は、これらの周囲条件に対して指定された許容範囲内で予想通りに実行されています。

  • 周囲温度が 21 ℃ を超えると、サンプルマネージャは周囲温度より 17 ℃ 低い温度(許容範囲 -2/+6 ℃)まで冷却されます

追加情報

サンプルマネージャの仕様は、ACQUITY UPLC System Operator's Guide (『ACQUITY UPLC システムオペレーターガイド』)にリストされています。周囲温度が 21 ℃ (69.8 °F) 以下の場合、サンプルマネージャはサンプルコンパートメントの温度を -2/+6 ℃ (-3.6/+10.8 °F) の許容範囲で 4 ℃ (39.2 °F) までに維持します(最大数のバイアルおよび/またはプレートで設定されているとき)。