メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY ソルベントマネージャの圧力変動 - WKB21265

Article number: 21265To English version

症状

  • 圧力変動
  • 圧力低下
  • ダイナミックリークテストに不合格スタティックリークテストに不合格

圧力トレースに不安定なシステム圧力が示される:

clipboard_ea22c01a3ee6c9b21ba94bf72d1eb3afa.png

環境

  • ACQUITY UPLC BSM
  • ACQUITY UPLC H-Class クオータナリーソルベントマネージャ (QSM)

原因

プランジャーとシールの摩滅

プランジャーに残留物

チェックバルブ不良

 

解決策

  1. ポンプヘッド内の高圧シール(H-Class ポンプの場合の製品番号は 700002599 / I-Class BSM の場合の製品番号は 700009135)およびシール洗浄ハウジングシール(H-Class ポンプの場合の製品番号は 700002598 / I-Class BSM の場合の製品番号は 700006048)を交換します。
  2. プランジャー(H-Class ポンプおよび I-Class BSM の場合の製品番号は 700002600)を交換します
  3. チェックバルブ(製品番号 700003563)を交換します

シールおよびプランジャーの交換後、安定な圧力が示されます:

clipboard_e5f7a5b0ef06c454594d96e04816dca25.png

 

追加情報

この問題に関連する記事:

  1. ACQUITY H-Class QSM での高い圧力変動 - WKB55705
  2. PM 後の ACQUITY UPLC H-Class QSM の圧力変動 - WKB28335
  3. ACQUITY H-Class QSM の圧力変動 - WKB19400
  4. ACQUITY UPLC H-Class QSM の圧力変動 - WKB21289
  5. ACQUITY H-Class QSM での圧力低下 - WKB9737

check valve, DLT, dynamic leak test, seal wash, system pressure, UPAQSM, UPBINARY, UPBINARY, UPBSM+, UPIBSM, UPIBSM, UPIBSM+, UPIBSM+, UPISMFL, UPISMFL+, UPISMFTIVD, UPISMFTN, UPISMFTN+, UPPBSM, UPPQSM, UPQSM, UPQSM, UPQSM+, UPQSM+, UPQSMBIO, UPQSMBIO, UPQSMBIO+, UPSMFTN, UPSMFTN+, UPSMFTNB+, UPSMFTNBIO, UPSMPMGR, シールワッシュ