メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY UPLC、H-Class、またはI-Class のサンプルマネージャでサンプルコンパートメントをデフロストする方法 - WKB2920

Article number: 2920To English version

目的または目標

 以下の場合に、サンプルコンパートメントをデフロストします:

  • 高湿度環境下で低いサンプル温度(4℃ 付近)で操作すると、霜や氷がサンプルチャンバーエンジンアセンブリーのヒートシンクに蓄積します。
  • サンプルコンパートメントの温度仕様内での装置性能を回復します。

環境

  • ACQUITY UPLC サンプルマネージャ
  • ACQUITY H-Class SM-FTN
  • ACQUITY I-Class SM-FTN
  • ACQUITY I-Class SM-FL

手順

パッシブデフロストヒートシンクをアクティブに制御することなく、周囲環境の温度に達するようにコンパートメントをパッシブに加温します。

  1. すべてのサンプルバイアルおよびウェルプレートを取り外します。
  2. ヒーター/クーラーエンジンを[オフ]に設定します。
  3. SM-FTN の電源は[オン]のままにしておきます。
  4. ドアが閉じていることを確認します。
    • サンプルチャンバー内の循環ファンが動作を続けて、エンジンヒートシンク全体に空気を送り続けるので、氷が速く溶けます。
  5. 1 時間後、ユニットは完全にデフロストされ、操作再開の準備ができているはずです。

アクティブデフロストサンプルが温度のパッシブで下がらない場合は、アクティブデフロストを行ってください。

  1. サンプルコンパートメントを 30℃ に制御し、サンプル温度が 20℃ を超えるまで待ちます。
  2. サンプルの温度が室温に達したら、エンジンのヒートシンクは完全にデフロストされ、操作再開の準備ができているはずです。

追加情報