メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower の Agilent LC サンプラー用に「サーモスタットをメソッドでコントロールする」が設定されている場合の装置フェイル - WKB3110

Article number: 3110To English version

症状

  • 装置フェイル:装置の設定で「サーモスタットをメソッドでコントロールする」にチェックマークが付いている場合のセットアップのフェイル

1329a.jpg

環境

原因

PCS 55138 - Agilent で装置コントロールが変更されたため、装置メソッドでオートサンプラーサーモスタットをコントロールする前に、コントロールパネルから追加の変更を行う必要があります。

解決策

  1. サンプルの分析/クイックスタートで、続行する前にシステムステータスがアイドルであることを確認します。
    Controlpanel.png
  2. 再びサンプラーを右クリックして、[変更] > [温度モード]を選択します。[一定温度モード(コントロール設定)]ではなく、[可変温度モード(メソッドパラメーター)]を選択してください。
    Temperature_Mode.png

追加情報

メッセージセンターでの「装置フェイル」メッセージの前に、メッセージ「セットアップに失敗しました」が表示されることがあります。これは、ICS ドライバーを A1100 から Agilent LC ドライバーに変更した後に発生することがあります。

可変温度モードが装置メソッドで一定温度モードに戻り続け、「装置フェイル」が表示される場合は、古い分析システムと DHCP エントリーを削除してから、Agilent 事前設定ユーティリティ (TECN134936402) に従って、新しいシステムを構築します。IPV6 が使用不可になっていることを確認します。固定 IP アドレスと Agilent LC コントロールを、DHCP 設定テーブルで使用する必要があります。

EMP2LIC, EMP2OPT, EMP2SW, EMP3GC, EMP3LIC, EMP3OPT, EMP3SW, EMPGC, EMPGPC, EMPLIC, EMPOWER2, EMPOWER3, EMPSW, Enterprise, message center, SUP, アジレント

  • この記事は役に立ちましたか?