メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY M-Class を使用して、Analyst および Xcalibur で直接注入モードからトラップモードに切り替えると、メソッドエディターがクラッシュする - WKB32323

Article number: 32323To English version

症状

  • 直接注入は適切に機能する
  • 直接注入モードからトラップモードに切り替えると、メソッドエディターはエラーメッセージなしでクラッシュする
  • または、トラップメソッドを実行できない

環境

  • Analyst
  • ACQUITY M-Class
  • nanoACQUITY UPLC
  • Xcalibur
  • M-Class/nanoACQUITY ドライバーパック 1.55

原因

不適切なフォルダーアクセス許可

解決策

 

  1. Methods フォルダー(Analyst の場合は /program files (x86)/waters instruments/methods)またはお客様が Xcalibur でメソッドを保存する場所を参照します
  2. Methods フォルダーを右クリックして、[Properties](プロパティ)を選択します。
  3. [Security](セキュリティ)タブで、すべてのユーザーの読み取り/書き込みアクセス権を設定します。
  4. [OK]をクリックして変更を保存し、[Properties](プロパティ)を閉じます。
  5. メソッドエディターを再度開き、トラップモードが適切に設定できることを確認します

追加情報

 

id32323, UPMASM, UPMBSM, UPMSMFL, UPNAYXPMP, UPNSAMMGR, UPNSOLMGR

  • この記事は役に立ちましたか?