メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

H-Class FTN エラー:General failure not ready to start run - WKB3295

Article number: 3295To English version

症状

  • H-Class FTN「General failure not ready to start run」というエラーが、注入シーケンス中に発生します。
  • グラジェント開始時間が注入前または注入後にプログラムされると、このエラーが発生します。
  • グラジェント開始時間が容量または時間でプログラムされている場合に、このエラーが発生します。

環境

  • ACQUITY H-Class クォータナリーソルベントマネージャ (QSM)
  • ACQUITY H-Class サンプルマネージャ FTN (SM-FTN)
  • DP2020 R1 がインストールされている

原因

不具合 SCR 29812 は、以下の場合に観察される「一般的な障害:実行準備ができていません」エラーとして認識されています。

  • ユニークな大きい注入前容量
  • 低流量
  • 注入前に起こる溶媒/圧力条件の変化

このエラーは、1 分の遅延容量内で要求された容量を送液するために必要なストローク数によって増幅されます。

解決策

  • プログラムされたグラジエントの開始を、時間または容量により、1 分未満に減らすか、1分に相当する量に減らします。
    • 容量でのプログラミングでエラーが続く場合、容量(ul)を時間(分)に変換します。
    • 時間でのプログラミングでエラーが続く場合、時間(分)を容量(ul)に変換します。
  • エラーなしでシステムグラジェントの開始機能を動作させるには、わずかな時間/容量増分を使って、グラジェント開始パラメータを調整することが必要な場合があります。

追加情報

遅延時間/容量付きの分析の開始時に、[Gradient Smart Start](グラジエントスマートスタート)/[Quantum Synch](定量同期)機能により、ポンプおよびオートサンプラーは、それぞれの時間を迅速に取り決めて、メソッド条件に基づいて注入の準備を整えます。オートサンプラーは通常、速度が遅く、ポンプの前に開始させる必要がありますが、オートサンプラーの前でもグラジエントが開始される低流量で、大きな遅延容量(145 ~ 200 μL など)をプログラムすると、ポンプが遅いモジュールになることがあります。

このタイミングはすべて、現在の条件(流量、ストローク長、圧縮率など)に基づいた QSM タイミングで各注入実行の開始時に計算され、QSM ストロークの整数に基づいて注入を初期化して、プログラムされた遅延容量を達成するように実施しますすべてのタイミングが実施され、QSM とオートサンプラーの両方が並行して動作し、そのうち、同じ時点で遅延容量を達成しようとします。このタイミングにより、QSM の前にオートサンプラーが準備完了になる必要があるようになります。そして、この計算のバイアスにより、注入開始シグナルを出すため、QSM が計算されたストロークに達するわずか約 5 秒前に、オートサンプラーが準備完了になる必要があるようになります。

計算されたストローク範囲で QSM が注入開始シグナルを送信すると、オートサンプラーで注入の準備ができている必要があります。そうでないと、このエラーが発生します。

ストロークごとのタイミングの小さなエラーは、実際の注入前に多数のポンプストロークで必要となる、プログラムされたより大きな遅延容量を乗じることがあります。これにより、計算に問題が発生することがあります。

ストロークごとのタイミング計算は現在のポンプストロークタイミングに基づいており、注入が発生するまで溶媒条件が一定のままであると想定することにも注意してください。ただし、この想定は、システムが正確な初期グラジエント条件に再平衡化している場合に当てはまらないことがあります。圧力がわずかでも変化しているままの場合、これはストロークごとのタイミングに影響します。繰り返しになりますが、計算されたサイクルごとのタイミングのエラーは、注入前のストローク数によって増幅されます。

オートサンプラーがこの QSM と注入のレースで勝つ必要があります。そうでないと、このエラーが表示されます。オートサンプラーは、まだ準備ができていないと言っているだけです。

 

synchronization