メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY BSM および QSM のダイナミックリークテストの実行方法 - WKB46882

Article number: 46882To English version

目的または目標

ACQUITY BSM、QSM、ISM ポンプのダイナミックリークテストを実行する。

環境

  • ACQUITY H-ClassQSM
  • ACQUITY H-Class ISM
  • ACQUITY BSM (ファームウェア 1.50 以上)

手順

  1. 溶媒ラインが溶媒リザーバー内の溶媒に完全に浸っていることを確認します。
  2. ACQUITY コンソールを開きます。
  3. 画面の左側にあるシステムツリーで、BSM/QSM/ISM を選択します(必要に応じて、「+」記号をクリックしてシステムツリーを展開します)。
  4. ファームウェアのバージョンを確認します。(QSM を使用している場合は、ステップ 5 に進みます。)
    1. 画面の上部で[設定]を選択します。
    2. [モジュール情報表示]を選択し、ファームウェアバージョンを確認します。
  5. 画面の上部で[メンテナンス]を選択します。
  6. [リークテスト]を選択します。
  7. 適切な溶媒ラインを選択し、[プライム]オプションが選択されていることを確認し、[開始]をクリックします。
  8. テストが実行され、テスト結果が表示されます。
  9. テストが不合格の場合は、システムを再度プライムし、もう一度リークテストを実行します。

追加情報