メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY i2V プライマリーポンプヘッドリークテストに失敗する - WKB5158

Article number: 5158To English version

症状

  • i2V チェックバルブを備えた ACQUITY システムのプライマリーポンプヘッドがリークチェックに合格しない
  • 新しいポンプヘッド、シール、プランジャー、またはプライマリーチェックバルブを交換しても結果が改善されない
  • アキュムレーターは一貫してリークテストに合格する
  • 圧力変動

環境

  • H-Class クォータナリーソルベントマネージャ
  • i2V を装備したACQUITY バイナリーソルベントマネージャ

原因

プライマリーポンプヘッドで新しいシール/プランジャー/ポンプヘッドが除去された場合、以下の 2 つの可能性があります。

1. i2V チェックバルブハウジングのピンチクランプがポンププライム中に緩んでおり、プライマリーチェックバルブが正しく固定されていない可能性があります。

2.プライマリーポンプヘッドリークテスト中に、アキュムレーターチェックバルブが正しく閉じられていない可能性があります。

解決策

  1. i2V チェックバルブハウジングを取り外し、ポンプをプライムして 10 分後にピンチクランプを点検します。ピンチクランプが緩んでいるように見える場合は、4 本の固定ネジをしっかりと締めるか、i2V バルブハウジングを交換してください。
  2. アキュムレーターチェックバルブとプライマリートランスデューサーにチェックバルブをつなぐチューブを交換します(アキュムレーターポンプヘッドがリークチェックに合格している場合も含む)。

追加情報

I2 バルブ、H-Class クォータナリーポンプ(700005162)
i2 バルブ ACQUITY バイナリーポンプ(クラシックまたは I-Class)(700003557)

accumulator, check valve, primary, transducer, UPAQSM, UPBINARY, UPBINARY, UPBSM+, UPIBSM, UPIBSM, UPIBSM+, UPIBSM+, UPISMFL, UPISMFL+, UPISMFTIVD, UPISMFTN, UPISMFTN+, UPPBSM, UPPQSM, UPQSM, UPQSM, UPQSM+, UPQSM+, UPQSMBIO, UPQSMBIO, UPQSMBIO+, UPSMFTN, UPSMFTN+, UPSMFTNB+, UPSMFTNBIO, UPSMPMGR