メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ソルベントマネージャポンプヘッドで ACQUITY ダイナミックリークテストが失敗する - WKB5338

Article number: 5338To English version

症状

  • アキュムレーターポンプ A でダイナミックリークテストが失敗する

環境

  • ACQUITY UPLC。

原因

締め付けフィッティングに(目に見えない)少量の漏れがあり、リークテストが失敗する。

解決策

  1. ポンプヘッドの周りのすべてのチューブフィッティングを徐々に締めます。
  2. ベントバルブに繋がるラインを点検して締めます。
  3. ポンプを有機溶媒で再プライムします。
  4. 運転中はアウトレット圧力と圧力リップルが正常であることを確認します。
  5. ダイナミックリークテストを数回再実行するように設定します。
  6. 失敗し続ける場合は、新しいヘッド (700002595)、洗浄ハウジング (700002597) 、およびシール (700002599) でポンプを組み立てなおします。
  7. 手順 3、4 および 5 を繰り返します。

追加情報

 

DLT、圧力変動