メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Ethernet 制御の 2475 および 2695 が、注入信号と同期して、データ取得を開始しない - WKB5362

Article number: 5362To English version

症状

  • Ethernet 制御の 2695 セパレーションモジュールと 2475 検出器が、以前はできたにもかかわらず 突然、注入信号と同期して、データ取得を開始しなくなった
  • モニターできるのは、2475 検出器のみである

環境

  • 2695 Alliance セパレーションモジュール
  • 2475 蛍光検出器

原因

不明

解決策

  1. e2695 と 2475 の間に、注入開始ケーブルを取り付ける必要があります(ファームウェア v1.65 以前)。
  2. v1.65 の場合は、e2695 と 2475 の間にインジェクションケーブルを取り付けないでください。
  3. e2695 と他の Ethernet 制御の検出器の間には、インジェクションケーブルを取り付けないでください。

追加情報

Ethernet ベースの Alliance システムと検出器には注入開始ケーブルは必要としません。これを追加するとタイミングが変動することがあります。

注入開始ケーブルが I/O コネクターにしっかり固定されており、I/O コネクターが適切な位置にあることを確認します。2475 の背面にある手順に従います。

シンクロニゼーション, 2475, 2475B, 2690, 2690UP, 2695, 2695D, 2695E, 2695EB, 2695UP, ALLCOLCLR, ALLCOLHTR, ALLCOLHTRB, EMP2OPT, EMP2SW, EMP3LIC, EMP3OPT, EMP3SW, EMPOWER3, EMPSW, firmware, SUP, synchronization