メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY H-Class カラムマネージャエラー:「カラムマネージャ:カラム 2 の構成エラー」 - WKB5964

Article number: 5964To English version

症状

  • エラーメッセージ:システムステータス
    カラムマネージャ:カラム 2 の構成エラー、2 つのプレヒーターが検出されました (-1)
    CM error.PNG
  • カラムマネージャをリセットまたは電源を切って入れ直しても、エラーはクリアされません
  • カラム 2 のスロットに接続されているアクティブプレヒーターは 1 つだけです

環境

  • ACQUITY UPLC H-Class
  • MassLynx 4.1

原因

カラムネージャはエラー状態です。

解決策

  1. コンソールで、[カラムマネージャ]に移動します。
  2. [設定] > [プレヒーター]を選択します。
  3. カラム 2 プレヒーターをパッシブに変更し、[OK]を選択します。
  4. メッセージが示唆するように、カラムマネージャの電源を切ってから入れ直して(電源を切って 10 秒間待ってから電源を入れる)、[OK]をクリックします。
  5. [コントロール] > [CM をリセット]を選択して、通信エラーをクリアします。
  6. [設定] > [プレヒーター]を選択します。
  7. カラム 2 のプレヒーターを変更してアクティブに戻し、[OK]を選択します。
  8. メッセージが示唆しているようにカラムマネージャの電源を切ってから入れ直し、[OK]をクリックします。
  9. [コントロール] > [CM をリセット]を選択して、通信エラーをクリアします。

追加情報

 

active preheater, APH, communication, MLYNX, MLYNXV41, SUPMM, UPCMA, UPCMAIVD, UPPCMA, UPQSM, UPQSM+, UPQSMBIO, UPQSMBIO+, UPSMFTN, UPSMFTN+, UPSMFTNB+, UPSMFTNBIO, コミュニケーションエラー

  • この記事は役に立ちましたか?