メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY クォータナリーソルベントマネージャを手動でプライムする方法 - WKB6163

Article number: 6163To English version

目的または目標

ACQUITY クォータナリーソルベントマネージャ(QSM)を手動でプライムする方法。

環境

  • ACQUITY クォータナリーソルベントマネージャ (QSM)
  • ACQUITY H-Class
  • ACQUITY UPLC I-Class BSM

手順

  1. クォータナリーソルベントマネージャ(QSM)のスタートアップキットに入っているサージカルスタイルのチューブ(WAT025559)を探します。
  2. QSM のスタートアップキットに入っているプラスチックの 30 mL シリンジ(WAT270949)を探します。
  3. チューブをシリンジの端に取り付けます。
  4. チューブのもう一方の端を、ポンプの右上にあるバルブから右下にある排水口まで流れる QSM のステンレススチール製ベントラインに接続します。
  5. ACQUITY コンソールに移動して、使用する必要のあるラインのプライムを開始します。
  6. ポンプが始動したら、手動でシリンジプランジャーを引き戻して、ポンプによる液体吸引を手助けします。
  7. 液体がシリンジに入ったら、サージカルチューブの接続をベントラインから外して、ベントラインを廃液に戻します。
  8. これにより、ポンプの呼び水が完了しました。サージカルチューブをベントラインに再接続する必要なく、コンソールから他のラインを選択してプライムできるようになりました。

追加情報